スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
Alice's Adventures in Wonderland ロイヤルバレエ


The Red Queenの
ゼナイダ・ヤノウスキーの映像。

たまたま
You tubeで見つけたのですが、
すごすぎです。。

どういって表現していいのか分からないのですが、
テクニックも存在感も突き抜けています。
面白すぎ。





で、家族全員一致でDVDを買いました:)

下のカードの演出も好きなシーン。




Alices Adventures in Wonderland [DVD] [Import]Alices Adventures in Wonderland [DVD] [Import]
(2011/10/25)
Talbot、Royal Ballet 他

商品詳細を見る



英国ロイヤル・バレエ団2009
不思議の国のアリス』(全2幕)
振付:クリストファー・ウィールドン

バレエ不思議の国のアリス』(全2幕)

 アリス:ローレン・カスバートソン
 ジャック/ハートのジャック:セルゲイ・ポルーニン
 ルイス・キャロル/白うさぎ:エドワード・ワトソン
 アリスの母親/ハートの女王:ゼナイダ・ヤノウスキー
 アリスの父親/ハートのキング:クリストファー・サウンダース
 マジシャン/マッドハッター:スティーヴン・マクレイ
 公爵夫人: サイモン・ラッセル・ビール
 他、英国ロイヤル・バレエ

 振付:クリストファー・ウィールドン
 台本:ニコラス・ライト
 音楽:ジョビー・タルボット
 演奏:バリー・ワーズワース指揮、コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団
 デザイン:ボブ・クロウリー
 照明:ナターシャ・カッツ
 映像演出:ジョナサン・ハズウェル

 収録時期:2011年3月
 収録場所:コヴェント・ガーデン王立歌劇場(ライヴ)

 Region All


最初から最後まで、ウィールドンのすごーい才能をびしびし感じます。

ローレン・カスバートソンのアリスもはまり役。
清楚で、明るくて
軽やかで優雅で素敵。
ほとんどずーっっと舞台の上で
踊ってます!

キャストはそれぞれ魅力的。

でも、やっぱり

ハートのクイーンの

ゼナイダ・ヤノウスキーがすごいわあ。


どうしてこんなに面白いバレリーナが
いるのかしら? プリンシパルなのに。。

毎回、見るたびに驚きます

そして、昔はふつーに主役をこなしていた
彼女がこんなにいきいきとしたコメディエンヌに
なれて心からうれしい

同じハートのクイーンに配役されていた
タマラ・ロホは一体どんな風に
演じたんのかなー、なんて。


家族中、すっかり
ゼナイダ・ヤノウスキー
のファンになりました:D



スポンサーサイト

テーマ:クラシックバレエ - ジャンル:学問・文化・芸術

【2012/03/06 23:46 】 | 不思議の国のアリス | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。