スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
カルメン/若者と死


パリ・オペラ座の「カルメン」も
好きなDVDの1つです。
短いこともあって、
軽くみれちゃうし、
なんといってもドロテ・ジルベールを
見ているだけで幸せ:D


パリ・オペラ座バレエ「カルメン/若者と死」 [DVD]パリ・オペラ座バレエ「カルメン/若者と死」 [DVD]
(2009/10/21)
パリ・オペラ座バレエ

商品詳細を見る



「カルメン」
【スタッフ】
振付:ローラン・プティ
音楽:ジョルジュ・ビゼー「カルメン」より
【出演】
ニコラ・ル・リッシュ
クレールマリ・オスタ

「若者と死」
【スタッフ】
原作:ジャン・コクトー
振付:ローラン・プティ
音楽:ヨハン・セバスチャン・バッハ「パッサカリアとフーガ・ハ短調 BWV582」
指揮:ポール・コネリー
演奏:コローネ管弦楽団
【出演】
ニコラ・ル・リッシュ
マリ=アニエス・ジロ


ニコラ・ル・リッシュは決してかっこいい訳では
ない?!と思うのですが、彼のもつ
独特のカリスマ性は超魅力的です。

クレールマリ・オスタはコケティッシュで
かわいい。小悪魔チックなカルメン。
ウィノラ・ライダーに似てると思うのは
babywhiteだけかな。

顔が本当に小さいので
裾のある服の方が似合う気がします。


ドロテ・ジルベールは
レントのミミを彷彿とさせるような魅惑の美女。
体の内側から光を放っているようで、とても綺麗。
もっともっと、見たくなります。
写真で見たときはそれほど好きな感じではなかったのですが、
踊ると全然違うの。


で、彼女をもっとみたくなって
『コッペリア』をオーダーしました。

Coppelia [DVD] [Import]Coppelia [DVD] [Import]
(2011/11/15)
Delibes、Paris Opera Corps De Ballet 他

商品詳細を見る



カバーだけでドキドキ。




「若者と死」のニコラ・ル・リッシュは
圧巻です。はまり役なのかな。

マリ=アニエス・ジロは
存在感があってお姉さんっぽい感じ。

こわくて逆らえない感じです。

かつらもなんだかとってつけたようなのですが、
変に似合ってて面白かった?!

こっちは強烈すぎて、
カルメンほど何度もみたい、という気には
ならないのだけど、
一見の価値は絶対あり。












スポンサーサイト

テーマ:クラシックバレエ - ジャンル:学問・文化・芸術

【2012/02/02 22:40 】 | カルメン | コメント(0) | トラックバック(0) |
パリ・オペラ座☆ラ・バヤデール
ラ・バヤデールもみんなに見て欲しいDVDの1つ。
というか、みんなきっと既に見てるよね。


これまでもかなり安かったのですが↓

ラ・バヤデール [DVD]ラ・バヤデール [DVD]
(2006/02/08)
パリ・オペラ座バレエ

商品詳細を見る



2012年3月発売予定のこちらは

激安っっ

既に買っちゃったものとしては

ちょっと悲しいわあ、なんて

ルドルフ・ヌレエフ 振付・演出「ラ・バヤデール」 [DVD]ルドルフ・ヌレエフ 振付・演出「ラ・バヤデール」 [DVD]
(2012/03/07)
パリ・オペラ座バレエ

商品詳細を見る




ラ・バヤデール
パリ・オペラ座バレエ
振付・演出:ルドルフ・ヌレエフ(マリウス・プティパによる)
音楽:ルドウィク・ミンクス
編曲:ジョン・ランチベリー

【出演】
ニキヤ:イザベル・ゲラン
ソロール:ローラン・イレール
ガムザッティ:エリザベート・プラテル
苦行僧:リオネル・ドラノエ
高僧:フランシス・マロヴィク
ラジャ:ジャン・マリ・ディディエール
黄金の像:ウィルフリード・ロモリ
影の国の場面のソリスト:アニエス・ルテステュ、クロチルド・ヴァリエ、ナタリー・リケ


ニキヤ役のイザベル・ゲラン

とにかく素敵、
です。

babywhite家は家族3人恋に落ちました。
華奢で、はかなげなのにたおやかで。
控えめななかに激しい情熱を秘めた、
なんともいえない表情につい引き込まれます。

ガムザッティ役のエリザベット・プラテル
は最初ヌレエフに主役のニキヤではなくガムサッティを
といわれた時はプライドを傷つけられたそうですが、

豪華なプリンセス

でこちらがホントにはまり役。


コンクールで踊ることが多いのは
こちらのガムサッティですよね。


ソロルのローラン・イレールも文句なしに
かっこいいし、

ソリストの一人はアニエス・ルテステュ。


衣装、舞台もゴージャスだけど、
何より

キャストが豪華

です。


悲しいお話だけど、
ラストで

アヘンに溺れている
ソロルのおかげ?


かあんまり重い気分にはなりません。

何度見てもあきないDVDです!



テーマ:クラシックバレエ - ジャンル:学問・文化・芸術

【2012/02/02 00:52 】 | ラ・バヤデール | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。