スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
Tribute to Jerome Robbins
有吉京子さんの『SWAN』では
とっても素敵なおじさんだったロビンズ。

ウェストサイドストーリーや牧神の午後以外の
彼の作品がみれる貴重なDVDですよね☆

4作品が収録されています。


Tribute to Jerome Robbins [DVD] [Import]Tribute to Jerome Robbins [DVD] [Import]
(2012/02/28)
Paris Opera Ballet、Ravel 他

商品詳細を見る




振付:ジェローム・ロビンズ (「TRIADE」振付:バンジャマン・ミルピエ)

演目&出演:
「EN SOL」 音楽:ラヴェル
  マリ=アニエス・ジロ、 フローリアン・マニュネ

「TRIADE」 音楽:ニコ・ミューリー
  マリ=アニエス・ジロ、 レティシア・プジョル、 オドリック・ベザール、 マルク・モロー

「IN THE NIGHT」 音楽:ショパン 
  クレールマリ・オスタ、 バンジャマン・ペッシュ、 アニエス・ルテステュ、 ステファン・ビュヨン、
  デルフィーヌ・ムッサン、 ニコラ・ル・リッシュ

「THE CONCERT」 音楽:ショパン 
  ドロテ・ジルベール、 アレッシオ・カルボネ、 ステファン・ファヴォラン、 エマニュエル・ティボーロ 他



『ザ・コンサート』はすでに何回もみました:)
家族中で大笑いです。
ものすごーく高度なテクニックで、
お笑いも超ハイレベル。

ドロテ・ジルベールのお茶目っぷりが
すっごくキュート☆


『イン・ザ・ナイト』も素敵でしたあ:D
これも何度もみたくなります。

クレールマリ・オスタのおでこちゃんが
ちょっと気にならないといえばウソになるかも、
ですが、踊りは綺麗。
髪型はカルメンの方がよかったかなあ。

アニエス・ルテステュもとってもエレガントで
美しくてずっとみていたくなります。


『En Sol』は全体的に明るくって
楽しめました。マリ=アニエス・ジロは
圧巻です。大きいしね。



とにかく、『ザ・コンサート』
必見です!





スポンサーサイト

テーマ:クラシックバレエ - ジャンル:学問・文化・芸術

【2012/05/28 05:36 】 | Tribute to Jerome Robbins | コメント(0) | トラックバック(1) |
ピーターラビットと仲間達
『ピーターラビットと仲間達』が
邦題のこのバレエ↓

ピーターラビットと仲間たち [DVD]ピーターラビットと仲間たち [DVD]
(2009/10/21)
英国ロイヤル・バレエ団

商品詳細を見る



このタイトルでこの作品をみると、
ピーターの出番の少なさに

愕然っっ


とするかも。


1ティギーおばさんのお話
2あひるのジマイマのお話
3こぶたのピグリン・ブランドのお話
4ジェレミー・フィッシャーどんのお話
5二匹の悪いねずみのお話
6うさぎのピーターラビットのお話
7りすのナトキンのお話

+全員でフィナーレ、なので。


ちゃんと、
原題は'TALES of BEATRIX POTTER'
になっていて、こちらの方が内容に忠実です。


ピーターラビットと仲間たち 英国ロイヤル・バレエ団2007 [DVD] [Import]ピーターラビットと仲間たち 英国ロイヤル・バレエ団2007 [DVD] [Import]
(2008/11/30)
英国ロイヤル・バレエ団、フレデリック・アシュトン(振付) 他

商品詳細を見る



Blue-rayはこちら。

ピーターラビットTMと仲間たち (振付:フレデリック・アシュトン) 英国ロイヤル・バレエ団2007 [Blu-ray] [Import]ピーターラビットTMと仲間たち (振付:フレデリック・アシュトン) 英国ロイヤル・バレエ団2007 [Blu-ray] [Import]
(2010/05/01)
ヴィクトリア・ヒューイット、リッカルド・セルヴェラ 他

商品詳細を見る




▼出演▼
まちねずみジョニー:リッカルド・セルヴェラ
ティギーおばさん:ジョナサン・ハウエル
あひるのジマイマ:ジェマ・サイクス
キツネ:ギャリー・エイヴィス
こぶたのピグリン・ブランド:ベネット・ガートサイド

ピグウィグ(こぶたの女の子):ラウラ・モレラ
ペティトーおばさん:デヴィッド・ピッカリング
ジェレミー・フィッシャー(かえる):ザッカリー・ファルーク

ピーター・ラビット:ジョシュア・トゥイファ
リスのナトキン:スティーヴン・マクレイ

他 英国ロイヤル・バレエ団 ロイヤル・バレエ学校


振付:フレデリック・アシュトン
音楽:ジョン・ランチベリー
演出:アンソニー・ダウエル
演奏:ポール・マーフィ指揮 ロイヤル・バレエ・シンフォニア
美術:クリスティン・エドザード
着ぐるみ:ロスティスワフ・ドボジンスキー
照明:マーク・ジョナサン
収録:2007年12月、 コヴェント・ガーデン王立歌劇場


公演当時はCMでもガンガン宣伝してて、
かなり有名だったみたいですね。

babywhiteの母いわく、
黒柳徹子さんが大絶賛だとか。

全員着ぐるみという
アンソニー・ダウエルの革新的な演出で、
子供にとってはわくわくドキドキの
夢のようなバレエなのでしょう。


危険度がかなり高そうなバレエですが、
全般的に大人としては
ちょっと物足りない場面もちらほら。

だって、ほら。
着ぐるみをきてるから
やっぱりものすごーく
派手には動けない訳で。


でも、かえるのジェレミーと
リスのナトキンはすごいんです。

ジェレミーの受けがよかったようですが、
とくに個人的に感動したのはナトキン。

さすがクライマックスを仕切るだけあって、
きれのいい俊敏な動きに目が釘付けに。

飛べるし、回転もすごいし、
ものすごいカリスマ性があって。

リスのナトキンのお話だけ、
すごーーーく何度も見ています:D


去年はKカンパニーでも上演していたらしく。
つまんない場面もあるけど、
とっても不思議な魅力のあるバレエなのです。

テーマ:クラシックバレエ - ジャンル:学問・文化・芸術

【2012/05/07 23:17 】 | ピーターラビットと仲間達 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。